2012.11.27

【ドイツ】宇佐美貴史と細貝萌。苦境の中でもブンデス2季目の力強さ

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

ホッフェンハイム戦に先発、勝利に貢献した細貝(レバークーゼン) 11月25日に行なわれた14位ホッフェンハイム対5位レバークーゼンの一戦は、レバークーゼンが2-1で順当に勝利を収めた。両チームに所属する宇佐美貴史と細貝萌は、今季ブンデスの他チームから移籍してきた新加入同士。それぞれに昨年とは全く違ったシーズンをすごしている。

 まず宇佐美貴史。シーズン前からレギュラー格とみなされ、常に左のMFとして起用されてきた。だが11月に入ると、ホームで勝利したシャルケ戦は62分、続くデュッセルドルフ戦は53分で退き、日本代表のオマーン戦をはさんで行なわれたボルフスブルク戦ではとうとうベンチメンバーからも外れた。今季初めてのことだっただけに、本人はバベル監督に直接尋ねに行ったのだという。

「びっくりしたので、自分で聞きにいきました。そうしたら監督から『五輪に行っていたり、今回代表に呼ばれたこともあって疲れている。一回リラックスしてほしい』と言ってくれたんです。最初の頃(調子の良かったシーズン序盤)はコンディションも良かったから、と」

 それから1週間後のレバークーゼン戦も83分からの出場にとどまった。

「どういうことなのかな、と。疲れていると判断されても使われるくらいにならないと」と、ゆっくり噛み締め、自分に言い聞かせるように語った。

 この試合ではいつもの左MFではなく、2列目の中央で起用された。ホッフェンハイムの両サイドはワイドに張り出し、中に入るプレイをすることはあまり好ましいとされない。だが今回は、中央でプレイすることに手応えを感じたようだ。