宇佐美貴史が「ありがたい存在」と称えるガンバ躍進の起爆剤、山下諒也が半端ない

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun

 走るだけでスタジアムをドッと沸かせる選手を久しぶりに見た。

 ガンバ大阪のMF山下諒也がボールを持つと、大谷翔平の"ショータイム"のように歓声のボルテージが2ランクぐらい上がる感じがした。

「50mは、5秒8です。でも、高校以来計っていないんで、今はわからないですけど」

 山下は小さな笑みを浮かべてそう言った。

 陸上競技の正式タイムではないが、ウサイン・ボルトの50mの記録が5秒47。その比較からしても、感覚的に相当速いイメージができるのではないだろうか。

「ゼロからのスタートで、相手に差をつける自信があります」

 山下が独学でマスターしたという走りの特徴は、初速からトップスピードに入るまでが異常に速いことだ。164㎝の小柄な体格ゆえストライドは決して大きくないが、足の回転数が非常に速い。筋トレで磨き上げた肉体と体幹が、高速走行時やドリブルの際の安定感を生み、トップスピードを維持したまま前線を駆け抜けることができる。

 山下は、それを何度も繰り返す。

「スプリントの回数が自分の持ち味。毎試合、誰よりもスプリントしないといけないと思っています」

ガンバ大阪躍進の起爆剤となっている山下諒也 photo by Kishiku Toraoガンバ大阪躍進の起爆剤となっている山下諒也 photo by Kishiku Toraoこの記事に関連する写真を見る スタメン出場した直近のリーグ戦3試合のスプリント回数は、毎回チームトップ。第16節のFC東京戦に至っては28回とずば抜けて多く、FC東京で最も多かったバングーナガンデ佳史扶の20回を優に超えていた。

 ただでさえ速いのに、スプリントを何度も繰り返すので、相手は対応に四苦八苦する。事実、FC東京戦ではバングーナガンデが山下に何度もちぎられていた。続く第17節の湘南ベルマーレ戦でも、山下の裏抜けのうまさと初速のスピードに湘南の杉岡大暉がついていけず、PKを献上した。

 山下のよさはスピードだけではない。

「DFラインの背後に抜けたり、スペースを突いたり、チャンスシーンに顔を出す。そういう自分のよさをどんな試合状況でも、どんな戦術でも出せるのが自分の強みです」

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る