ガンバ大阪が最下位から急浮上も危機的状況を脱したと言えるのか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by J.LEAGUE/J.LEAGUE via Getty Images

 DF半田陸は、「受け手は背後にアクションを起こして、出し手は足元に(パスを)出して、そこから(ボールを奪われて)カウンター(を受ける)ということがだいぶ多かった」と語り、こう続ける。

「パスを出す僕らも、(最近4連勝と)うまくいっているから(ボールを大事につなごうと)足元、足元ってなっていたのかもしれない。もっと背後のアクションを増やすべきだし、そういう人がいないとスペースも空かない。そこは最後の最後まで判断を変えられるようにしないといけない」

 いわば、4連勝の流れのままプレーしようとする選手と、そこから次の段階へと進もうとする選手。そんな意識の違いが、危ういパスミスとなって表出したと言えるのかもしれない。

 それを戦い方のブレととるのか、避けては通れないステップととるのかで、連勝ストップの印象もまったく違ったものになってくる。

 だが、いずれにせよ、G大阪が危機的状況を完全に脱したとは言い難い。そのことだけは確かだろう。

 半田は言う。

「負けなかったことだけは、今日はよかった。この引き分けがどうなるのかは、次の試合にかかってくる」

 G大阪の葛藤と模索は、まだまだ続きそうだ。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る