2022.07.12

浦和レッズが急浮上の予感。「引き分け地獄」から抜け出すことができたのはなぜか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 J1第21節終了現在、浦和レッズは9位。18クラブのなかで、ほぼ真ん中に位置している。

 ところが、浦和より成績上位の8クラブのなかには、負けの数が浦和以上のクラブが6つもあり、その一方で、浦和より成績下位の9クラブのなかには、勝ちの数が浦和以上のクラブが7つもあるのだ。

 こんな不思議な現象が起こるのは、とにもかくにも、浦和の引き分けが多いからに他ならない。

 5勝5敗11分け。それが浦和の成績だ。4月から5月にかけては、続けて7つの△を並べたこともある。

 積み上がっていく一方の引き分けを、どれだけ勝ちに持ってこられるか。そこに、浦和が順位を上げていくためのカギがあったわけだが、このところの浦和には、そこにはっきりとした改善傾向が見てとれる。

 要するに、引き分けが勝ちに転じ始めたのである。

 最近のリーグ戦5試合は3勝2分け。3-0で勝利した直近のJ1第21節、FC東京戦を振り返っても「完全な試合ができた」とはリカルド・ロドリゲス監督の弁。

 浦和は立ち上がりからボールを支配し、優勢にゲームを進めると、前半31分に前線での守備から相手のパスミスを誘い、MFダヴィド・モーベルグが決めて先制。後半に入っても攻撃の手を緩めることなく、50分にMF伊藤敦樹が、70分にはMF大久保智明が追加点を決め、FC東京に引導を渡した。

FC東京戦で貴重な追加点を決めた浦和レッズの伊藤敦樹FC東京戦で貴重な追加点を決めた浦和レッズの伊藤敦樹 この記事に関連する写真を見る