2021.03.11

イニエスタ「自分はイチ選手ではない」。ケガの重症化を覚悟してPKに臨んだ

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • photo by Getty Images

ヴィッセル神戸
アンドレス・イニエスタ インタビュー

 ヴィッセル神戸での3シーズン目となった昨年。2019年を上回るリーグ戦26試合に出場したアンドレス・イニエスタは、シーズン終了後、そのパフォーマンスについて納得の表情を見せた。

「これまでで一番いいパフォーマンスを維持しながら、シーズンを進めることができた」

 これまでも世界中のサッカーファンを唸らせるパフォーマンスを示してきたのと同様に、Jリーグでも異彩を放ち続けてきたイニエスタだが、彼の中では新たな環境に難しさを感じながらプレーしていた部分もあったのだろう。それは今シーズン、ヴィッセルが獲得に成功した新加入選手、U-20ブラジル代表のFWリンコンについて話が及んだ際に明らかになった。

――リンコンがヴィッセルで成功を収めるために、自身の経験を通してアドバイスできることはありますか?

 そんな質問を投げるとイニエスタは、来日したばかりの頃に自身が受けた驚きを懐かしむように言葉を紡いだ。

「Jリーグはどのチームも守備面でのしつこさがあり、常に息をする間も与えてくれないプレッシングのなかで試合が展開されます。リンコンの持つクオリティが、日本のサッカーの難しさを上回り、活躍してくれることを祈っています」

 そのイニエスタも昨シーズンは、日本のサッカーへの適応に手応えを感じながら、1年を通して安定したプレーを示し続けた。それを、より実感したのが11月に再開されたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)だ。