2021.03.10

ベッカム様が代表格。その昔、日本人女子が熱狂したイケメンサッカー選手

  • 佐野美樹●文 text by Sano Miki
  • photo by Sano Miki

 日本中を熱狂の渦に巻き込んだ、2002年のサッカーW杯日韓大会開催から19年。10年ひと昔とするならば、気がつけばもうふた昔! 時が経つのは早いものだ。

日本でも圧倒的な人気を誇った、デビッド・ベッカム日本でも圧倒的な人気を誇った、デビッド・ベッカム  それまでは、サッカーや、サッカー選手に詳しかったりするのは男性が多く、こと海外サッカーに興味がある人においては、よほどのサッカー好き、もしくは「マニアック」な位置付けにされていたように記憶している。

 しかし、そんな概念はあのW杯を境に一変した。

 手っ取り早く国民にサッカーへ興味を持ってもらうために、メディアがこぞって『イケメン外国人サッカー選手』を取り上げたのだ。すると、これが見事にハマり、あっという間に「マニアック」な分野はスタンダードの世界へ。

 昨日までサッカーなんて興味ないと言っていた女子たちが、次の日には好みの外国人選手の名前を口にするようになったのだ......イケメンの力ってすごい。

 そんなサッカーに無関心だった層にまで認知され、旋風を巻き起こした外国人イケメン選手たちには、どんな選手がいただろうか。

 ここで名前を挙げるときに断っておきたいのは、イケメンと言っても、やはり圧倒的な「王子感」が必須だということ。そのうえ愛らしい笑顔、溢れ出るジェントルマンオーラに加えて、プレーヤーとしても一流であればなおいい。雰囲気イケメンじゃダメ。見た目もスマートで、ちゃんと主力で試合に出てなきゃ。

 そんな厳しい、こちらが勝手に決めた謎の条件を余裕でクリアし、引退してもなお世界中で愛されるイケメン選手の代表格と言えば、やはりデビット・ベッカム(イングランド)だ。