2021.02.23

今やトレンドの「J2経由J1入りの大卒選手」。今季ブレイクしそうな8人

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by MATSUO.K/AFLO SPORT

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』
J2経由J1入りの大卒選手。今季のブレイク候補

2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を、随時配信。さまざまな視点からJリーグの魅力を猛烈アピール!

今回は、近年活躍選手が数多く出ているJ2経由でJ1入りを遂げた大卒選手にスポットを当て、今季J1入りしてブレイクしそうな選手たちを紹介する――。

 昨季J1は、王者・川崎フロンターレの切り札となった三笘薫を筆頭に、大卒ルーキーの活躍が目立ったシーズンだった。すでに近年、Jリーグでは大卒選手の価値が次第に高まってはきていたが、その傾向がわかりやすい形ではっきりと表われたのが昨季である。

 とはいえ、J1で活躍する大卒選手が皆、三笘のように大学から直接J1クラブ入りするわけではない。

 古橋亨梧(中央大→FC岐阜→ヴィッセル神戸)、坂元達裕(東洋大→モンテディオ山形→セレッソ大阪)らのように、大卒選手がJ2クラブを経由してJ1へ"個人昇格"するケースも増えている。古橋に至っては日本代表にも選出されたのだから、J2経由の選手といえども侮れない。

 そして今季もまた、昨季まで(J3以下のカテゴリーも含めて)J2クラブに所属していた大卒選手が数多くJ1クラブへの移籍を果たした。その数、実に20人超。"J2経由"はサッカー選手がJ1へたどり着くためのひとつのルートとしてもはや完全に確立され、貴重な人材供給源となっていると言っていいだろう。

 ただし、彼らにとってJ1クラブに入ることがゴールではない。重要なのは、そこで活躍できるか否か、である。

 だとすれば、J1入りしたあとの伸びしろを考えると、J2でのプレー年数は短いほうがいい。J2に長く埋もれることなく、早く才能を見出され、より高いレベルの環境に身を移すことで、さらなる成長を遂げる。そんな成長の仕方が理想的だ。

 そこで古橋や坂元もそうであったように、J2でのプレー年数が2年以内の選手を中心に、今季活躍が期待される「J2経由J1入りの大卒選手」を見ていきたい。