2021.02.23

木村和司が占うJ1全順位。川崎を脅かすのは長谷川監督率いるFC東京

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』
解説者がガチで語るJ1順位予想
~木村和司編

2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を、随時配信。さまざまな視点からJリーグの魅力を猛烈アピール!

今回は、FKの名手として知られる元日本代表「10番」の木村和司さんに、今季J1の順位を予想してもらった。

木村氏が今季の躍進を期待しているのは、長谷川健太監督(写真右)率いるFC東京木村氏が今季の躍進を期待しているのは、長谷川健太監督(写真右)率いるFC東京 <木村和司のJ1順位予想>
1位 川崎フロンターレ
2位 FC東京
3位 名古屋グランパス
4位 ガンバ大阪
5位 鹿島アントラーズ
6位 セレッソ大阪
7位 ヴィッセル神戸
8位 サンフレッチェ広島
9位 北海道コンサドーレ札幌
10位 浦和レッズ
11位 大分トリニータ
12位 横浜F・マリノス
13位 柏レイソル
14位 サガン鳥栖
15位 清水エスパルス
16位 横浜FC
17位 ベガルタ仙台
18位 湘南ベルマーレ
19位 徳島ヴォルティス
20位 アビスパ福岡


 正直、順位予想はしたくない。実際のところ、シーズンが始まってみないと何もわからないし、何が起こるかわからないのがサッカーだからだ。応援するサポーターやファンのことを考えると、そんなアテにならない戦前の予想に何の意味があるのか、なおさら疑問に感じてしまう......と、文句ばかり言っても仕方がないので、上位の可能性のあるチームから話を進めていこう。

 やはり、昨季王者の川崎フロンターレが今季も中心的な存在になることは間違いないだろう。

 しかしその分、相手チームのマークがきつくなるのは確か。かなり研究されるだろうし、川崎が相手となれば、どこも全力で戦ってくるはず。それに、川崎はどう対応するのか。そして、結果を出すことができるのか。今季は本当の意味での力を問われることになる。

 ポイントとなるのは、MF守田英正の抜けた穴を埋められるか。さらには、FW三笘薫がどれだけ活躍できるか。まさに三笘は、チーム浮沈のカギを握るほどの選手になったと言える。