2021.02.24

【開幕特集】槙野智章、浦和レッズ低迷からの脱却を語る「攻撃は最大の防御」

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』
槙野智章インタビュー

2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を、随時配信。さまざまな視点からJリーグの魅力を猛烈アピール!

今回は「DAZNJリーグ推進委員会」のメディア連動企画。Jリーグ開幕前のプレビューで、浦和レッズの槙野智章選手のインタビューをお届けする。

開幕戦、そして今季に向けて槙野智章の意気込みを聞いた<ヒーローのひと言がプロへ進むきっかけに>

──今季のJリーグの開幕ハッシュタグが「2021のヒーローになれ」というものです。槙野選手の子どもの頃のヒーローと言えば、誰になりますか?

「サンフレッチェ広島の選手たちです。僕、子どもの頃からゴリゴリのサンフレッチェファンだったので。誰かひとりを応援していたというわけではないのですが、森保一さん、高木琢也さん、風間八宏さん、パベル・チェルニーさん、イワン・ハシェックさん、盧廷潤さんなど、全員が僕のヒーローでした」

──そうしたヒーローたちから、どんな影響を受けましたか?

「僕が小学生の頃、サッカースクールで当時の森保一選手から、『頑張れば、プロになれるよ』と言ってもらえたんですね。そのひと言は、僕にとって、ものすごく励みになるものでした。ずっと忘れることのない、夢を追うきっかけになった言葉です」

──勇気づけられますよね。

「本当に。たとえそれがリップサービスだとしても、『頑張れば、プロになれるんだ』と思えるようになりました。広島で生まれ育って、サンフレッチェという地元のチームを応援しているなか、自分もいつかそのピッチに立ちたいと思ってやっていました。そんな時に、現役の選手からかけてもらった嬉しい言葉。さりげないひと言かもしれないですけど、僕にとってはものすごく大きいものでした」