2021.02.19

次のオルンガを探せ!「未知なる」新助っ人ストライカーたちの実力は?

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』

 2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を随時配信。さまざまな視点からJリーグの魅力を猛烈アピール! 今回は、今季来日する外国人選手のなかから、予想を超えてブレイクするかもしれない「新助っ人」にスポットを当ててみる。

強烈なインパクトで2020年のJリーグを盛り上げたオルンガ 新シーズンの開幕を目前に控えるこの時期は、各サポーターが我がチームの新しい陣容やその可能性を想像し、期待に胸を躍らせる至福の時でもある。

 とりわけ気になるのが、初めてJリーグの舞台に登場する新外国人選手の存在だろう。まだ見ぬ彼らがフィットするかしないかは、そのチームの成績を大きく左右するからだ。

 しかも、世界各国からやって来る新外国人選手たちの多くは個性豊かで、Jリーグに新しい風を吹かせてくれるタレントも少なくない。そのチームのサポーターならずとも、サッカーファンにとって必見の選手といっていい。

 たとえば、昨シーズンの年間MVPと得点王を獲得した柏レイソルのオルンガは、その典型だった。

 2018年夏にケニア人として初めてJリーグのピッチに立って以来、抜群の身体能力とフィニッシュワークを披露し、日本のサッカーファンに衝撃を与えた。まさに助っ人外国人を見る楽しみ、その醍醐味を集約したようなストライカーだった。

 残念ながら、オルンガはこの冬にカタールのアル・ドゥハイルに去ってしまった。だが、迎える新シーズンも、大きな可能性を秘めた未知なる新外国人たちが来日する。

 果たして、そのなかから第2のオルンガは生まれるのか? ここでは、初めてJリーグのピッチに立つ新外国人ストライカーのなかから、旋風を巻き起こしてくれそうな期待のタレントをピックアップしてみる。

 まず、オルンガ効果によってアフリカ出身選手の新加入が目立っている今シーズンだが、そのなかでも注目したいのが、サガン鳥栖に加入したイスマエル・ドゥンガ(登録名ドゥンガ)だ。