2021.02.19

坪井慶介のJ1順位予想。各クラブが上位進出するためのカギは?

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』
解説者がガチで語るJ1順位予想
~坪井慶介編

2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を、随時配信。さまざまな視点からJリーグの魅力を猛烈アピール!

今回は、かつて浦和レッズなどで活躍した元日本代表DFの坪井慶介さんに、今季J1の順位を予想してもらった。

坪井慶介氏が、今季のJ1の順位を予想した photo by SARCLE<坪井慶介のJ1順位予想>
1位 川崎フロンターレ
2位 名古屋グランパス
3位 横浜F・マリノス
4位 鹿島アントラーズ
5位 浦和レッズ
6位 FC東京
7位 ガンバ大阪
8位 サンフレッチェ広島
9位 北海道コンサドーレ札幌
10位 セレッソ大阪
11位 柏レイソル
12位 大分トリニータ
13位 ヴィッセル神戸
14位 湘南ベルマーレ
15位 清水エスパルス
16位 横浜FC
17位 徳島ヴォルティス
18位 ベガルタ仙台
19位 サガン鳥栖
20位 アビスパ福岡

坪井氏は、今季も川崎の強さは変わらないと予想する 今季も王者・川崎フロンターレの強さは変わらない。昨季、守備ラインは同じメンバーだったが、前線はメンバーが入れ替わるなかでも攻撃のクオリティはもちろん、プレッシングの強度も落ちることがなかった。独走までいくかはわからないが、優勝候補筆頭で間違いないだろう。個人的には小塚和季がどう活躍するかに注目している。

 対抗馬となり得るのは名古屋グランパスと横浜F・マリノス。名古屋はマッシモ・フィッカデンティ監督によって守備組織がソリッドになり、もともとタレント揃いの攻撃陣がうまくハマればチャンスはある。

 横浜FMは逆に圧倒的な攻撃力を有しながら、昨季は守備の脆さを露呈した。一昨年のような堅さが戻れば優勝を争える存在だ。エリキとジュニオール・サントスという点取り屋が抜けはしたが、仲川輝人やマルコス・ジュニオール、前田大然、オナイウ阿道など、戦力はまだまだ厚いので楽しみだ。