2021.02.18

J1順位予想で福西崇史はスタートダッシュを重視。読めないクラブは?

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』
解説者がガチで語るJ1順位予想
~福西崇史編

2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を、随時配信。さまざまな視点からJリーグの魅力を猛烈アピール!

今回は、かつてジュビロ磐田などで活躍した元日本代表MFの福西崇史さんに、今季J1の順位を予想してもらった。

福西崇史氏が、今季のJ1の順位を予想した<福西崇史のJ1順位予想>
1位 川崎フロンターレ
2位 名古屋グランパス
3位 鹿島アントラーズ
4位 ガンバ大阪
5位 FC東京
6位 セレッソ大阪
7位 横浜F・マリノス
8位 サンフレッチェ広島
9位 北海道コンサドーレ札幌
10位 柏レイソル
11位 浦和レッズ
12位 ヴィッセル神戸
13位 清水エスパルス
14位 サガン鳥栖
15位 大分トリニータ
16位 横浜FC
17位 ベガルタ仙台
18位 徳島ヴォルティス
19位 湘南ベルマーレ
20位 アビスパ福岡

福西氏が川崎対抗の一番手に挙げたのが名古屋グランパスだ 今季も川崎フロンターレが中心のシーズンとなるだろう。引きつづきチームのベースは盤石で、4-3-3のなかでもウイングがワイドに開く時もあれば、絞って中に入るパターンもあり、相手や戦況によって戦い方を変えられる強みもある。大きな戦力ダウンもなく、中盤から前線にかけての分厚い戦力は今季も健在だ。

 その川崎に対抗するであろう2位から6位予想のクラブは、力が拮抗している。名古屋グランパスは昨季堅い守備のベースを築き上げ、課題だった攻撃面は前線を積極的に補強した。攻撃で違いを生み出せる阿部浩之の活躍が鍵となるだろう

 昨季、新体制で臨んだ鹿島アントラーズは序盤で苦しんだものの、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督がしっかりと戦えるチームに立て直した。終盤の上昇気流は今季への自信につながっているはず。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)がないというのも、リーグを戦ううえでプラスに働くだろう。