2020.11.06

Jリーグ月間MVP独自ランキング。三笘薫はルーキーの枠に収まらない

  • photo by Sano Miki

スポルティーバ厳選! Jリーグ月間MVP

 スポルティーバ編集部が発表する、独自選考のJリーグ月間MVP。毎月Jリーグを取材している識者5人に、候補を5人、順位をつけて選んでもらい、1位5ポイント、2位4ポイント......5位1ポイントという形で、ポイントを集計し、合計ポイントでMVPを決める。

10月も変わらぬハイパフォーマンスで大活躍した、川崎フロンターレの三笘薫 集計の結果、10月度のMVPは、川崎フロンターレの三笘薫に決定した。

 三笘は選考した5名全員からポイントがつき、22ポイントはここまで月間MVP選考をやってきた4回のなかで最高点。途中出場のジョーカー的な役割から、先発出場を増やした10月も変わらぬ鋭いドリブルを見せ、川崎の首位独走に貢献した。

 2位は名古屋グランパスのマテウスが選ばれた。威力のあるFKや鋭いカウンターを見せる攻撃面のほか、前線での守備への評価も上がるなど、攻守両面でいいパフォーマンスを見せた。

 また、変わらずコンスタントにゴールを挙げつづけている柏のオルンガや、2位躍進のガンバ大阪の中心として活躍している井手口陽介らが上位に選ばれた。

三笘は2位以下を大きく引き離す高ポイントを獲得した それではここからは、各識者の選考順位と、そのポイントとなったプレーぶりを紹介する。