2020.09.29

J3最下位から2年でV字回復。
ギラヴァンツがJ1へミラクル昇格なるか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

 優勝候補に挙げられていたクラブが下位リーグに降格したり、逆に昇格1年目のクラブがいきなり優勝したり。カテゴリーを問わず、Jリーグでは、そんなサプライズが珍しくない。

 毎年のように起こるのであれば、それをサプライズと呼んでいいのかどうか、疑わしくなるほどだ。

 今季J2でも、意外なクラブが優勝争いを引っ張り、波乱の展開を見せている。サプライズの主役は、ギラヴァンツ北九州である。

J2で快進撃を見せているギラヴァンツ北九州 今季開幕前の北九州は、率直に言って、とてもJ1昇格候補と呼べる存在ではなかった。それどころか、昨季のJ3優勝で4シーズンぶりにJ2へ復帰したばかりなのに、再びJ3への逆戻りを予想する声も少なくなかった。

 全22クラブ中10位台に食い込めれば、御の字。そんな見方が大勢だったはずだ。

 実際、スタートは最悪だった。開幕戦からいきなりの2連敗。北九州の頭上には、分厚い暗雲が立ち込めていた。

 ところが、2勝3敗1分けと黒星がひとつ先行して迎えた第7節で勝利すると、そこから怒涛の9連勝。2連敗後は20位だった順位も右肩上がりにグイグイと上がっていき、第18節終了時点ではとうとう首位に立ったのである。

 成績を見れば意外な躍進も、ピッチ上で展開されるサッカーに奇をてらったところはなく、あくまでもオーソドックスなものだ。

 幅を使ってボールを動かしながら、タイミングを見て縦にスピードアップ。ボールを失っても、素早い守備への切り替えで高い位置からプレスをかけていく。そんな作業を丁寧に繰り返した結果が、これまでの成績である。