2020.07.03

FC東京・高萩洋次郎「過密日程はチャンス」。
J1優勝をどう引き寄せるか

  • 佐野美樹●取材・文・撮影 text & photo by Sano Miki


 得失点差で大きく運命を左右された結末に、ゴールの重要性を思い知らされた。そして、高萩は自分自身が決めることの意義を感じていた。

 一方で、FC東京としては過去最高の2位になり、クラブの歴史的には一歩、前に進むことができた。そうした意味でも、昨シーズンは決して悪くはなかったと話す。

「我慢強く戦って、勝ち点をあそこまで積み上げてこられたことには達成感があったし、自信につながったとも思います。あとはやはり、最後まで優勝争いを経験できたことが大きい。(こうして毎年)優勝争いを続けていくと、ポロッと優勝できるんじゃないかなって思うんです」

 高萩自身は、ここまでリーグ優勝を3度経験している。サンフレッチェ広島時代にリーグ2連覇を達成したのと、FCソウル在籍中にKリーグを1度制覇している。そんな高萩には、優勝に対しての持論がある。

「僕は優勝って『おまけ』みたいな感じだと思っているんです。1年間がんばってきた、積み上げてきたものの『おまけ』で、最後、優勝が転がって来るようなイメージ。リーグ戦はやはり積み重ねだから。最後の試合が大事というよりは、それまでが大事だと考えていないといけない」