2020.07.03

FC東京・高萩洋次郎「過密日程はチャンス」。
J1優勝をどう引き寄せるか

  • 佐野美樹●取材・文・撮影 text & photo by Sano Miki

FC東京・高萩洋次郎インタビュー

 ようやく、止まっていた時計の針が動き出した。

 2020シーズンの開幕直後にJリーグが中断してから、実に4カ月ぶりの再開。サッカーのある日常を誰よりも待ち望んでいたのはほかでもない、選手たちだろう。

FC東京で4年目のシーズンを迎えている高萩洋次郎 5月25日に緊急事態宣言が解除され、約2カ月ぶりにグラウンドでボールを蹴った感触を聞けば、FC東京の高萩洋次郎は率直だった。

「やはり、すごい開放感がありました。身体はきついけれど、頭がスッキリするというか。家にいて何もせず、サッカーをしていない時は、どこかスッキリしない毎日だったから。

 けれど、グラウンドに行ってサッカーをすると、スッキリして家に帰ってこられる。自分はサッカーでストレス発散していたんだな......ということがわかりました」

 ここでドラマティックな言葉を選んだりしないのが、いかにも高萩らしい。

 常に自然体で、マイペース。それはピッチ上でも変わらない。視野が広く、プレーは常に冷静で、時折放つ独創的なパスは観客の心を鷲づかみにする。