2020.04.16

カズが最高に輝いたシーズンは? 
変貌する肉体とそのプレースタイル

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

1993年~2019年Jリーグ
『私のMVP』~あの年の彼が一番輝いていた
第10回:1995年の三浦知良(ヴェルディ川崎/FW)

 1998年フランスW杯直前、カズこと三浦知良が日本代表から外れた時、53歳になってもなお現役選手でいるとはまったく想像できなかった。カズの年齢はその時、31歳と3カ月。代表チームを離れるタイミングとしては、どちらかと言えば早い方になる。選手としての寿命は短いかに見えた。

 ブラジルから日本に帰国したのは1990年。23歳の時で、Jリーグがスタートしたのは93年、26歳の時だった。

 翌94年、イタリアに渡りジェノア(セリエA)に1シーズン所属した後、帰国。95年Jリーグ第2ステージからヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に復帰した。28歳の時だった。

1995年、ジェノアからヴェルディ川崎に復帰した三浦知良 カズが最も輝いたシーズンはいつだったのか。

 Jリーグ開幕元年の93年、カズはJリーグから年間最優秀選手として表彰されている。26歳で迎えたこのシーズンをベストとするのが一般的かもしれない。しかし、ジェノアから帰国した直後、95年の方が、筆者には特別なシーズンに見えて仕方がない。