2020.04.15

佐藤寿人は「何とかしてくれる」。
そのゴールは仲間を勇気づけた

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

1993年〜2019年Jリーグ
『私のMVP』〜あの年の彼が一番輝いていた
第9回:2012年の佐藤寿人(サンフレッチェ広島/FW)

 いつだったかは思い出せないが、佐藤寿人にエースストライカーの定義について聞いたことがある。

 その時、彼は偉大なる先輩を例に挙げて、こう話してくれた。

エースとして広島を初のJ1優勝に導いた佐藤寿人「同じFWとして日本代表に選ばれていたタカさん(高原直泰)のプレーを見て、エースとはこういうものだというのを感じたんですよね。本当にすごかったんです」

 日本代表がイビツァ・オシム監督に率いられていた2007年のアジアカップだった。メンバーに選ばれるも、ベンチスタートだった佐藤は、この大会でまざまざとエースストライカーの力強さを感じ取ったという。

 高原はグループステージで3得点を挙げ、決勝トーナメント進出の立役者になる。さらに準々決勝のオーストラリア戦では、失点したわずか3分後、同点に追いつくゴールを決めて、チームを窮地から救った。

「あの人がゴールを決めると、周りが勇気づけられるというか。それくらい、ひとつのゴールに力があったんです」