2020.04.14

湘南・岩崎悠人「ミシャさんに感謝」。
ストライカーの引き出しが増えた

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

湘南ベルマーレ・岩崎悠人インタビュー@後編

 現在21歳の岩崎悠人は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、1年の延期が発表された東京五輪世代の選手である。

「滑り込みでもいいから、メンバーに絡んでいきたい」

「湘南ベルマーレ・岩崎悠人インタビュー@前編」はこちら>>>

東京五輪世代の岩崎悠人に今の心境を聞いた 東京五輪への思いは強く、それが今シーズン、湘南ベルマーレに期限付き移籍する決め手にもなった。

 昨シーズン在籍した北海道コンサドーレ札幌では、リーグ戦わずか8試合の出場。京都サンガで迎えたプロ1年目から主力として活躍してきた岩崎にとって、「初めての大きな挫折」だった。

 ただ、湘南でプレーするようになって、札幌でもがき苦しんだ1年間が無駄ではなかったことを知った。

「コンサドーレでは(3−4−2−1の)シャドーでプレーすることが多かったんですけど、ミシャさん(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)はDFの背後に抜けるプレーに関して、ゴールから逃げるように相手の背後を取る動きを求めていたんです。ゴールから遠ざかるような、プルアウェイの動きとでも言えばいいんですかね。