2020.04.14

柏を優勝に導いた王様。レアンドロ・ドミンゲスの圧倒的攻撃力

  • 中山 淳●文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

1993年~2019年Jリーグ
『私のMVP』~あの年の彼が一番輝いていた
第8回:2011年のレアンドロ・ドミンゲス(柏レイソル/MF)

 2011年は、今年で28年目を迎えるJリーグの歴史の中でも、異例のシーズンだった。

 サッカーファンが胸を躍らせる開幕戦を終え、また長いシーズンが始まったと思っていた矢先、第2節を迎える直前の3月11日に東日本大震災が発生。Jリーグを含めた各種スポーツイベントが、やむなく中断することを強いられたからだ。

2011年、J1昇格年度に優勝した柏レイソルの中心として活躍したレアンドロ・ドミンゲス 結局、約1カ月半を経て、なんとかリーグを再開するまでに漕ぎつけたわけだが、そのシーズンの最後に笑ったのがJ1昇格組の柏レイソルだったことも、長いJリーグの歴史の中では異例の出来事だった。

 昇格1年目のチームがJ1優勝を果たした例は、それまではなかった(のちの14年ガンバ大阪と2例のみ)。しかも柏にとっては、それがクラブ史上初となるJ1優勝だったのだから、これ以上の異例はないだろう。

 そんなシーズンに年間MVPを受賞したのが、柏の司令塔として別格の存在感を放っていた当時27歳のレアンドロ・ドミンゲスである。