2020.03.11

関根貴大は生まれ変わった浦和の象徴。
末っ子気質の青年が新リーダーへ

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

2020年シーズン開幕で見つけた
今季要注目のJリーガー(2)
関根貴大(浦和レッズ/MF)

 ルヴァンカップのベガルタ仙台戦とJ1第1節の湘南ベルマーレ戦で浦和レッズは2連勝を飾り、幸先のいいスタートを切った。

 だが、勝利と同じくらい大きな価値があるのは、その内容だ。

開幕戦で値千金の決勝ゴールを決めた関根貴大 いや、何も手放しで褒められるような勝利ではない。いずれも2失点を喫したし、湘南戦では相手のPK失敗に助けられてもいる。だが、それでも間違いなく浦和がはっきりと提示したものがあった。

 俺たちは変わるんだ、という強い意思である。

 4−4−2の新布陣はコンパクトに保たれ、連動しながらプレッシャーをかけていく。高い位置でボールを奪った瞬間にスイッチが入り、鋭いショートカウンターを狙う。

 ピッチから感じ取れるのは、前へ、前へ、という攻撃的なメンタリティ。そこには5バックを敷いて守り、攻撃は興梠慎三頼みだった昨季までの姿はない。

 その生まれ変わった浦和の象徴的な存在のひとりが、関根貴大だ。