2020.01.06

矢板中央「谷間の世代」が大バケ。
「技術がない」けど懸命さで4強入り

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

「ボールを握られるのはわかっていたので、しっかり守ってカウンターを狙う。逆に思い切って前に出て、攻撃的な守備をやろうという時間もあった。ここ1、2試合で耐える時と行く時の判断が明確になっている」(高橋監督)

 難しいと思われていたチームが、優勝も狙えた昨年のチームを超えてしまうとは、誰もが予想できなかったに違いない。運や組み合わせの妙もあるだろうが、その事実が揺らぐことはない。

 矢板中央が次に目指すのは、同校史上初となるファイナルの舞台だ。

「過去(2009年)に我々は準決勝で山梨学院大付に0-2で負けて、一昨年は流通経済大柏に0-1で負けている。まだ準決勝で1点も獲っていないんですよ。だから、(次の準決勝では)ゼロで抑え、得点をして決勝に行きたい。そんな夢というか、想いがあります」(高橋監督)

 準決勝の相手は、圧倒的な攻撃力で勝ち上がってきた静岡学園(静岡県)だ。ひたむきな姿勢と揺るぎない団結力を武器に、神がかり的な勝ち上がりを見せる矢板中央の"谷間の世代"は、果たして歴史を塗り替えられるだろうか。

関連記事