2020.01.06

強い静岡学園が帰ってきた。
キングカズらを輩出した技巧派集団の躍動

  • 森田将義●取材・文 text by Morita Masayoshi
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 三浦知良(横浜FC)や大島遼太(川崎フロンターレ)といった日本代表経験者を中心に、多くのJリーガーを輩出してきた技巧派集団、静岡学園の躍動が続いている。

爆発的な得点力の静岡学園。準々決勝でハットトリックを決めた岩本悠輝 全国屈指の強豪校であるため意外かもしれないが、高校サッカー選手権の出場はじつに5年ぶり。GK山ノ井拓己(アビスパ福岡)やMF名古新太郎(鹿島アントラーズ)、FW旗手怜央(川崎フロンターレ)ら錚々たるタレントを擁し、ベスト8まで進んだ前回の出場時と比べると、「うまさも技術的なレベルが違うし、守備も5年前のほうがよかった」(川口修監督)と言うが、ここまでの勝ち上がりは順調と言える。

「我々は点を取るチーム。1試合3得点を目標にしている」と指揮官が明かすとおり、圧倒的なまでの得点力が今年の特徴だ。初戦の岡山学芸館戦は5バックで守備を固めた相手を打ちのめし、6-0で完勝。続く2回戦の丸岡戦でも、開始2分の先制弾を皮切りに3点を叩き込んだ。今治東と対峙した3回戦こそ2得点に終わったが、準々決勝の徳島市立戦では4得点。ただ点を取るだけでなく、観客を魅了する華麗な崩しが随所で見られるため、静岡学園のサッカーの虜になる人も少なくない。

 迫力十分の攻撃をけん引するのは、右サイドに位置するMF松村優太(3年)だ。大会後には鹿島アントラーズに入団するエースは、”メイド・イン・シズガク”の匂いを感じさせる強烈なドリブラーで、今大会は「1回戦からマークが厳しくてシュートは打たせてもらえない。もちろん点は取りたいけど、なかなか厳しいので味方に取らそうと意識している」と他を圧倒するスピードでチャンスを演出している。

 印象的だったのは、準々決勝のプレーだ。前半40分には、スピードでふたりをかわして右サイドからクロスをあげて、チームの3点目をお膳立て。左サイドに持ち場を移した後半も勢いは止まらなかった。その速さは圧巻で、徳島市立のMF川人太陽(3年)が試合後に「サイドの速さが止められなかった。縦に来るとわかっていても止められなかったのが悔しい」と口にする程だった。