2019.12.25

14年前のセクシーフットボール。
野洲高校が日本一になるまでの長い物語

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

2020年のセクシーフットボール 野洲高校メンバーは今
金本竜市(1)  (2)はこちら>>

年末年始に行なわれる恒例の全国高校サッカー選手権大会。今から14年前、普段は名のある強豪が上り詰める『優勝』の座に、突如無名の高校が輝き、ファンの熱狂を呼んだ。卓越したボールテクニックとコンビネーションで、「セクシーフットボール」と言われた滋賀県の野洲高校だ。当時のメンバーに話を聞いた。

◆ ◆ ◆

 野洲高校の伝説のキャプテン、"ニッチョ"こと金本竜市は、ことあるごとに14年前の試合を見返しているという。

第84回全国高校サッカー選手権大会で、初優勝を遂げた野洲高校「家でほとんどテレビを観ないのですが、選手権の試合のDVDは全部持っていて、よく見返しますね。自分にとってのモチベーションビデオというか、観ていると頑張ろうと思えてくるんです。たまに見ながら泣いたりしてますから(笑)」

 第84回(2005年度)全国高校サッカー選手権大会。出場2回目のダークホース、滋賀県立野洲高校は、修徳、四日市中央工業、高松商業、大阪朝鮮、多々良学園、鹿児島実業といった名門を、攻撃的なサッカーで次々に撃破。高校生レベルを超越したテクニックとコンビネーションを織り交ぜた華麗なスタイルは"セクシーフットボール"と呼ばれた。

「野洲高の時は、市立船橋や東福岡、FC東京などと練習試合をしても勝つんです。試合後にみんなで決まって言うのが『相手、Bチームやんなぁ? Aチームちゃうよな』って。それぐらい相手を圧倒していたし、(平原)研や(楠神)順平よりもうまいやつなんて、そういなかったですから」

 平原研は野洲高で背番号10をつけ、センスあふれるプレーで"天才"と呼ばれていた選手。楠神順平は高校卒業後、同志社大学を経て川崎フロンターレやセレッソ大阪、清水エスパルスでプレーする、後のJリーガーである。

 野洲高の主力メンバーのうち、6名がプロになった。出世頭は乾貴士(エイバル/日本代表)だろう。切れ味鋭いドリブルとトリッキーな技術を武器に、当時2年生ながら攻撃のキーマンとして躍動。楠神と乾の両ワイドは、高校サッカー史に残るデュオと呼べるほど魅力的なものだった。