2018.12.21

これが始まり。梅崎司が語る
「ベルマーレが劇的に変わった瞬間」

  • 小宮良之●文 Komiya Yoshiyuki photo by Kaz Photography/Getty Images

 そして冒頭に記した名古屋グランパスとの最終節でも、チャンスの起点となって、それで得た2点目となるPKを自ら蹴り込んでいる。実は1点目も、彼のパスが起点だった。ゴールに向かっていくプレーが、勝負の決着をつけたのだ。湘南は後半、名古屋に2点を返されたものの、2-2で引き分けJ1残留を決めている。

「(10代で)大分トリニータでプレーしていた時、自分がヒーローになってやる、という野心を持ってプレーしていたんですよ。今よりもプレーの幅はずっと狭かったし、勢いだけだったんだと思いますけど、その感覚自体は大事で、ようやく今シーズンは思い出せたというか......。自分がゴールを決める、試合を決める、という強い意志がないと、決まるものも決まらないんですよね」

 梅崎は原点に回帰した。もっとも、プレーそのものは当時よりも洗練されている。サイドからドリブルで切り込むだけではない。中盤で味方を走らせ、受け手となってタメを作り、プレーメイクにも関われるようになった。意識の変化で、選手としての幅を着実に広げつつあるのだ。

「ルヴァン優勝やJ1残留で終わりじゃない。これが始まりですよ。来シーズンは、もっともっと攻めていきますよ!」

 死線をくぐり抜けた梅崎は、虎視眈々だ。

<おまえはどうなりたいのか?>

 彼はそう自問し続ける。
 
(つづく)

関連記事