2018.12.24

再びJ1残留争いを戦った磐田・
山田大記は「涙が出そうになった」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Naoki Morita/AFLO SPORT

短期集中連載・昇格と降格のはざまで戦った男たち(3)~山田大記(湘南ジュビロ磐田)

(2)はこちら>>

 12月8日、磐田。大久保嘉人がダイレクトで落としたパスを、彼は一度コントロールした。

<試合開始から時間が経って、芝生がだいぶ乾いている。あまりボールが滑らない。少し強めに蹴って止まるようなボールを>

 刹那で判断し、右足で裏のスペースへボールを転がした。そこに小川航基が走り込むと、同時に相手GKが飛び出し、交錯するような形になった。前方にダイブする小川が見え、審判がPKの笛を吹いた。

<勝っても負けても、人生の節目となる。ヒリヒリとした戦いを楽しもう。終わった後、後悔するような戦い方だけはしない!>

 彼はそう腹を括っていた。強気のプレーは吉と出た。

東京ヴェルディとのJ1参入プレーオフを戦った山田大記(ジュビロ磐田) ジュビロ磐田のMF山田大記は、東京ヴェルディとのJ1参入プレーオフを戦っている。昨シーズン6位だったクラブは、今季はJ1で16位に低迷。2013年にはキャプテンとして降格を経験しており、二度目は許されなかった。

「サッカーは何が起こるかわからない、というのは前提であったんですけど……」

 山田はそう断ってから、決戦前の心境を明かしている。

「ヴェルディを軽く見ていたのもないですけど、そこまで緊張はしていなかったです。むしろ、チーム全体が守りに入らないように、と思っていました。だから、みんなで前から行こう、というのは話していましたね。たとえ失点したとしても、早い時間帯ならJ1の自分たちが撃ち合いをして負けはないって」