2018.12.23

鹿島、リーベルに大敗。だが内容は
レアル戦よりはるかによかった

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by REUTERS/AFLO

 後半28分。フアン・キンテーロの右からの折り返しを、フリアン・アルバレスが中央でコントロール。くるりとターンして逆サイドに視界を広げれば、その先にはフリーの状態でゴンサロ・マルティネスが構えていた。0-1が0-2になった瞬間である。数分前に交代で入ったアルゼンチン代表が左足で難なくゲットした瞬間、試合の大勢はあらかた判明した。

 クラブW杯3位決定戦。リーベル・プレートにダメ押しゴールを奪われ、落胆しながらも前に出るしか手段がなくなった鹿島アントラーズ。斬るか斬られるか戦いのなかで、終了間際にはさらに2点追加され、0-4でフィニッシュを迎えた。

リーベル・プレートに2点目を奪われ、肩を落とす鹿島アントラーズの選手たち 完敗。力の差を痛感させられた大敗。見出し的にはそうなるが、0-1のスコアで推移した後半28分まで、あるいは3点目を浴びた後半43分まで、十分試合になっていたことも事実。もしあそこでこうなっていれば……と、タラレバ話をしても負け惜しみには聞こえない。むしろ善戦と評価したくなる試合だった。

 鹿島にとって痛かったのは前半24分、名GKクォン・スンテの負傷退場劇だ。リーベル・プレートの先制ゴールは、彼がピッチを去ったその直後に生まれた。

 そもそもこの試合、昌子源が故障でスタメンを外れていた。通常の鹿島から、三竿健斗、鈴木優磨に続き、日本代表級がもうひとり不在になるなかでの戦いだった。そして、再三のビッグセーブでチームを支えてきたクォン・スンテがピッチを去るや、先制点を被弾したわけだ。

 いの一番にタラレバ話に加えたくなるが、その前にも惜しいシーンはあった。