2018.10.29

大宮アルディージャは7位に後退。
「J2の沼」にはまりかけている

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Hiroki Watanabe/Getty Images

「自分たちで自分たちを追い込んでしまった」

 試合後の大宮アルディージャの選手は、煌々と照らすライトを浴びながら言った。1-2とホームで敗れたことで、チームはJ1参入プレーオフ圏内(J2の3~6位)から外れた。残り3試合、負けられない状況が続き、重圧が全身にのしかかる。

 昨シーズン、J1から降格した大宮は、1年で返り咲けるのだろうか?

 10月28日、NACK5スタジアム大宮。6位の大宮は、19位に低迷する京都サンガを迎えている。J3降格回避が使命となっている相手を侮ったわけではないだろう。しかし、負けられない重圧で慎重になったのか、あるいは単純にチームとして未成熟だったのか。大宮は、試合の入り方を明らかに失敗した。完全に受け身になってしまい、ラインをずるずると下げてしまった。

 これにより、京都は前線に入った田中マルクス闘莉王が精力的にプレーし、起点となった。前半4分、バックラインの前のスペースで闘莉王がボールをつなぎ、カイオ、本多勇喜、闘莉王とパスが渡って、最後はレンゾ・ロペスが合わせ、先制している。さらに10分には、闘莉王が収めたボールを右サイドに流し、カイオが1人を外してから、美しい弾道の左足ミドルを叩き込んだ。

「立ち上がりが悪かった。(たった10分間で)2失点。(監督として)試合の入らせ方の責任は大きい」(大宮・石井正忠監督)

J2得点ランキングでトップに立つ大前元紀(大宮アルディージャ)がPKを決めたが... その後、大宮は落ち着きを取り戻し、右サイドを中心に攻撃を繰り返している。その結果、右CKに飛び込んでペナルティエリア内でファウルをもらい、大前元紀がPKで1点を返した。