2018.06.09

ユースで裸の王様だった鈴木優磨が
「鼻をへし折られた宮崎キャンプ」

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko   井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

遺伝子 ~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(15) 
鈴木優磨 前編

秋田 豊の証言から読む>>

「久しぶりの試合ということもあり、入り方が重要だ」
 
 試合前日のトレーニング後、天皇杯2回戦Honda FC戦について語った大岩剛監督。JFL相手とはいえ、逆にカテゴリーの違う相手だからこその難しさを予想してのコメントだった。そして迎えた6月6日の試合。15分に先制点を許したものの、20分には安部裕葵(ひろき)が同点弾を決めると鈴木優磨が前半に2得点挙げる活躍を見せて、6-1と圧勝した。

*    *     *

 2015年9月12日、対ガンバ大阪戦。途中出場から終了間際にヘディングシュートでゴールを決めて、鮮烈なリーグデビュー戦を飾った鈴木優磨。

 千葉県銚子市出身で、スクールに通い始めた小学1年生から、鹿島アントラーズの下部組織で育ってきた。プロ4シーズン目となる今季、前半はリーグ戦、ACLと合計22試合すべてに出場(4試合は途中出場)。得点数は合計6得点にとどまるものの、豊富な運動量と身体の強さ、そして気持ちを漲(みなぎ)らせるプレーでチームを牽引している。

ケガ人が多いなか、今季全試合出場を果たしている鈴木優磨
――アントラーズのスクールに通うきっかけは?

「幼稚園のころからサッカーをやってはいたんですけど、『アントラーズのスクールへ行ってみれば』と親から勧められて、毎週おじいちゃんに送り迎えしてもらいながら、通い始めたんです。最初の数年間は学校の少年団でもプレーをしていましたが、小4からは選抜されて、ジュニアチームに所属するようになって、そこからはずっとアントラーズですね」

――その当時、アントラーズやJリーグに対してはどんな思いを抱いていたのですか?

「最初のころの記憶は曖昧で、はっきり覚えているのは小3のころ。所属していたマルキーニョスが強烈で、大好きでしたね。あのころの鹿島は勝って当たり前という感じで、本当に強いチーム。その印象が強いですね」

――将来はアントラーズでプロデビューという夢は抱いていましたか?

「あまりなかったですね。自分がプロになれるというふうに思えなかったですから」