2018.06.08

あの元ヴェルディ監督が、レアル・ソシエダの
育成組織を見て驚いたこと

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko

冨樫剛一氏(元東京ヴェルディ監督)に聞く(1)

 2016年から始まった、JJP(日本サッカー協会とJリーグによる育成年代の強化を目的とした協働プログラム)による育成年代指導者の海外派遣。今回は、その4人目としてレアル・ソシエダ(スペイン)に派遣されている冨樫剛一氏に話を聞いた。

レアル・ソシエダ(スペイン)に1年間、派遣されている冨樫剛一氏 1971年生まれの冨樫氏は、読売クラブなどで現役時代をすごし、1998年、東京ヴェルディのスクールの巡回コーチから指導者としての道を歩み始めた。その後、ジュニア、ジュニアユース、ユース、女子と、ヴェルディにおけるすべてのカテゴリーで指導を経験。さらにはトップチームのマネージャーやコーチ、フロントに入ってスカウトなど、あらゆる業務を経験したうえで、2014年9月からトップチームの監督としてJ2を戦うことになる。16年末までの2シーズンと少し、監督を務めたが、チームをJ1に昇格させるには至らず、退任した。

 このとき、冨樫氏は「引き出しの中身が空っぽになった」と言う。トップチームを指揮するまでに貯めてきたはずの経験、選択肢があっという間に尽きてしまった感覚だった。ちょうどその後の身の振り方を考えているとき、JJPによる海外派遣の話が舞い込んだ。再び引き出しを整理し、知識と経験を吸収したいと考えていた冨樫氏にとっては、またとないチャンスだった。

 その挑戦は、「東京ヴェルディというクラブの歴史とフィロソフィーを意識した」という研修先のクラブ選びから始まった。レアル・ソシエダのカンテラはシャビ・アロンソ、アントワーヌ・グリーズマン、アシエル・イジャラメンディといった名だたる選手が輩出してきた名門である。