2018.02.22

優勝は? 降格は?「今季J1の全順位」を
事情通5人が予想してみた

全体の勢力図は昨季と変化なし
鹿島&川崎の「2強」に迫るのは浦和か

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位 鹿島アントラーズ
2位 川崎フロンターレ
3位 浦和レッズ
4位 柏レイソル
5位 セレッソ大阪
6位 ジュビロ磐田
7位 横浜F・マリノス
8位 サガン鳥栖
9位 FC東京
10位 ベガルタ仙台
11位 名古屋グランパス
12位 ヴィッセル神戸
13位 ガンバ大阪
14位 清水エスパルス
15位 北海道コンサドーレ札幌
16位 湘南ベルマーレ
17位 V・ファーレン長崎
18位 サンフレッチェ広島

 昨季と特段大きな変化を見せたチームはない。リーグ全体の勢力図にも大きな変化は起きないとみる。下位からまくってきそうなチームも、上位から大きく順位を下げそうなチームも見当たらない。シーズン前の動向を見る限り。

 優勝争いも同じ。川崎と鹿島が一歩抜けている。

 東京ヴェルディから新加入した安西幸輝が左SBにハマりそうなこと。19歳のFW安部裕葵がブレイクの予感を抱かせること。さらに選手層の厚さ、それに伴う安定感を考えると、鹿島がわずかに有利な気がする。

 両者を追うのは柏、C大阪、浦和。潜在能力がストレートに反映されれば、浦和が3番手候補だが。

 昨季6位に躍進した磐田も反動なく、上位を維持しそう。今季、名古屋から加わったMF田口泰士。昨季後半、チームに加わったMF山田大記。このふたりの準代表級が、チームのレベルを押し上げるハズ。

 長谷川健太新監督を迎えた東京は定位置(中位)に復帰か。昇格の名古屋も中位までは狙える。新監督にレヴィー・クルピを迎えたG大阪は、右肩下がりにストップはかからないのではないか。

 昨季クラブ史上年間順位最高位タイ(11位)を記録した札幌は、磐田とは反対に、反動で順位を落としそう。ミハイロ・ペトロヴィッチ新監督に、上を狙う勢いはないと見る。

 降格争いは、その札幌を含む、清水、湘南、長崎、広島の5チーム。昨季途中、広島の監督に就任し、チームを降格圏から脱出させたヤン・ヨンソン監督。広島はなぜか解任し、清水はその彼を獲得した。よい買い物をしたと思われる清水。判断を誤ったと思われる広島。ヨンソン監督を巡って明暗は分かれそうだ。