優勝は? 降格は?「今季J1の全順位」を
事情通5人が予想してみた

伸びしろあるC大阪を「◎」に抜擢
一発あるなら、評価を落とした浦和

浅田真樹氏(スポーツライター)

1位 セレッソ大阪
2位 鹿島アントラーズ
3位 ジュビロ磐田
4位 川崎フロンターレ
5位 浦和レッズ
6位 柏レイソル
7位 サガン鳥栖
8位 横浜F・マリノス
9位 ガンバ大阪
10位 ヴィッセル神戸
11位 FC東京
12位 サンフレッチェ広島
13位 名古屋グランパス
14位 湘南ベルマーレ
15位 V・ファーレン長崎
16位 北海道コンサドーレ札幌
17位 ベガルタ仙台
18位 清水エスパルス

 単純に考えれば、優勝争いは昨季の上位勢が中心。なかでも、川崎、鹿島が"1、2番人気"だろう。だが、昨季優勝の川崎にしても、鹿島のもたつきに助けられた印象が強く、優勝し損ねた鹿島はもちろん、絶対の信頼は置けない。

 そこで、代わって最上位に推したのがC大阪。過去、能力の高い選手を擁しながら、なかなか結果が出なかったが、尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督のもと、安定してハードワークできるチームになった。ある程度完成された感のある川崎、鹿島に比べ、伸びしろという点でも魅力がある。ただし、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)であまり勝ち上がってしまうと、J1が苦しくなる。川崎、鹿島、柏も含め、ACLの勝ち上がりがJ1にも影響するはずだ。

"ACL不出場組"で面白そうなのは磐田。昨季6位はたまたまではなく、名波浩監督就任後の段階的な積み上げを感じさせる。優勝はともかく、ACL圏内は手が届く目標だろう。

 評価が難しいのは浦和だ。昨季はACL制覇の一方で、J1は7位止まり。リーグ戦終盤は、結果も内容も芳しくなかった。だが、選手個々の能力ではJ1上位は間違いなく、いわば、"前走惨敗で人気を落とした実力馬"。安易に見限れず、ACLのない今季、あっさり優勝をさらってしまう展開もありうる。

 優勝争い同様、残留争いも混戦。昇格組の湘南、長崎、名古屋はそれぞれ特徴が異なり、J1でどんな戦いを見せてくれるか楽しみだ。どこが昇格1年目で躍進を遂げても不思議はない。昨季に続き、昇格組すべてが残留する可能性も十分にある。

◆クルピ新体制で攻撃に苦しむガンバ。「J2陥落時のような不安が...」>

◆永井秀樹の育成。「天才といわれ、3年後に消える選手にしたくない」>

■Jリーグ 記事一覧>>

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る