2017.12.28

さらば石川直宏。「ケガだらけの
サッカー人生」をポジティブに終える

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 松岡健三郎/アフロ●写真 photo by Matsuoka Kenzaburo/AFLO

 石川の石川たる所以(ゆえん)は、ケガに対してへこたれず、臆病にもネガティブにもならなかった点にある。むしろ、ケガを自分の一部として取り込んだ。

「ケガの多い選手というイメージは、やっぱり嫌ですよ。ケガを乗り越えて、というのが美化されすぎるのはどうなのかとも思います。ただ、ケガに関しては、起こったことを受け入れよう、とも言い聞かせてきましたね。ケガがないのがいい選手だとは思います。でも、自分にとってはケガもひとつの試練で、それも含めて自分だから。ケガを通じて学んできたこともあるんです」
 
 石川はサッカー選手として逃げなかった。地道で過酷な作業をこつこつと続けることができた。それが復活したあとの活躍につながった。

「自分はケガを乗り越えることで、結果も残してきました。ケガをするたび、回復までの時間で体のメンテナンスにもなった。もともと細い体もそうやって厚みを増してきました。悪いことばかりじゃない。

 それに、ケガをすることで人の気持ちがわかるようになりました。『会社で仕事がうまくいかない』という人と、悩みの本質は同じ。だからこそ自分に共感する人がいて、そういう人からのメッセージに僕もエネルギーをもらった。プロ選手として、そういうファンを元気にできるようにまた恩返しをしたい、と」