2017.12.27

柏レイソル・大谷秀和は考えた。
「優勝を争うには何が足りなかったか」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 2017年シーズン、柏レイソルは、波のある戦いではあったものの、リーグ戦4位、天皇杯ベスト4、というまずまずの成績で終えている。

天皇杯準決勝を戦う大谷秀和(柏レイソル)。横浜F・マリノスに1対2で敗れた

 リーグ戦の序盤は苦しみ、2勝4敗と低迷した。しかし、そこから10試合負けなし(9勝1分け)という猛然とした巻き返しを見せて優勝争いに顔を出している。第17、18節で鹿島アントラーズ、セレッソ大阪との上位対決に連敗し、首位争いから遠ざかるも、再び9試合負けなし(5勝4分け)。そこから2敗と調子を崩して勝ち点を落としたが、最後の5試合は再び負けなしでフィニッシュした。

 柏が最後まで優勝争いをするには、何が足りなかったのか?

「優勝を意識するのが早すぎました。リーグはまだ半分のところだったですからね」

 そう説明するのは、柏の主将、大谷秀和である。レイソル一筋15年のMFはこう続けている。

「8連勝、9連勝というのは、もちろん自分たちが出した結果ではあったと思います。日々のトレーニングがうまく出て、(中村)航輔が1試合に2、3度、ビッグセーブを見せたのはあったにせよ、チームとして戦い方を共有していました。でも、できすぎの部分もあったと思います。そこで周りが(優勝争いと)騒ぎ出し、『代表にこの選手を』とか持ち上げるようになって……。そこで選手は地に足をつけるべきだった。