F・マリノス5連勝。「辛抱して刺す」
リアクションサッカーがハマる

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo Masashi Hara - JL/Getty Images

 守備の安定が、後半の攻撃の効率を高めているのが現状だろう。今シーズン途中、左利きのマルティノスが左、右利きの齋藤が右と"同足"になって、縦への推進力が高まり、手数を掛けない攻めの鋭さは増した。

 究極的なリアクションフットボールなので、先制された場合は苦しいだろう。しかし、ジリジリした展開だと威力を発揮する。1人、もしくは2~3人で仕留められる齋藤やウーゴ・ビエイラを敵陣に潜ませておくことは、のど元にナイフを突きつけているも同じ。前がかりになった相手のミスを誘発できるのだ。

 指揮官であるモンバエルツは最後に、リーグ後半戦のカギについて語っている。

「セットプレーでの精度を、攻守で高めていきたい。なにより、自分たちのプレースタイルをどの試合でも発揮できるように」

■Jリーグ 記事一覧>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る