2017.05.19

湘南に3-0。J1昇格圏内まで
浮上したアビスパは本当に強いのか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Koji Watanabe - JL/Getty Images for DAZN

 内容的には劣勢だったチームが、ワンチャンスを生かして勝利する。サッカーでは、そんな試合が比較的容易に起こりうる。

 だとしても、これほど内容と結果が釣り合わない試合も珍しい。J2第14節の湘南ベルマーレvsアビスパ福岡は、まさにそんな試合だった。

 前節終了時点で首位に立つ湘南が同3位の福岡をホームに迎えて対戦した、上位同士の直接対決は、開始直後から湘南が一方的に攻め続けた。

 いつもの3-4-3ではなく、新たに4-3-3を採用した湘南は、中盤から前線にかけて複数の選手が自在にポジションを入れ替えながらパスをつなぎ、速さと厚さを兼ね備えた攻撃を展開。FWばかりか、MFやサイドバックまでもがペナルティーエリア内に進入し、次々に決定的なシュートを放った。

 また、ボールを失ったあとの守備への切り替えも速く、瞬時に相手を囲い込んで奪い返すことができていた。なす術(すべ)のない福岡は、湘南の攻撃を止めてもカウンターにつなげる余裕をほとんど与えてもらえず、敵陣にボールを運ぶことすらままならなかった。

 実質2バックと言ってもいい、攻撃方向へ重心を傾けた湘南のオプションはいつも以上にタテへの推進力を生み出し、攻守に福岡を圧倒した。今季の湘南の試合のなかでも、屈指の出来だったと評価して構わないだろう。

 ところが、結果を見れば、勝利したのは福岡。しかも、スコアは3-0である。