2017.02.15

前園真聖もハマった5人制サッカー
「アマ選手でも世界を獲れる!」

  • 津金一郎●文 text by Tsugane Ichiro  村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

F5WC日本大会を制した「DEL MIGLIORE CLOUD群馬」。一番左はアンバサダーの前園真聖氏 世界のサッカー人口はFIFAの発表によれば、2億7千万人。別機関の調査では、その6倍以上という結果もある。いずれにしろ世界で最も愛されているスポーツであることは間違いないが、アマチュアの場合は他国の選手たちと対戦できる舞台は多くない。そうした世界中のアマチュア選手たちに「スポットライトを当てる」をコンセプトに、2013年から始まった5人制サッカーの国際大会が『F5WC』だ。

 今年5月に北京で開催される『F5WC』に、日本代表として挑む1チームを決める国内予選の決勝大会、『アットホームF5WC JPAPAN CHAMPIONSHIP 2016-2017』が、2月12日に味の素スタジアムで行なわれ、東北、関東、東海、関西、九州の地方予選会を勝ち抜いた30チームと、前回優勝と特別推薦を加えた32チームによって代表の座が争われた。

 国内ではまだ馴染みが薄い5人制サッカーは、プレー人数やピッチサイズなどフットサルと似通う点は多い。ただし、ボールの大きさがフットサルは4号球に対し、5人制サッカーは5号球を使用するため、フットサルよりもボールを浮かすプレーが増える。