2016.07.14

ポーランド移籍も封印。豊田陽平「だから鳥栖はやめられない」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFLO

豊田陽平(サガン鳥栖)インタビュー(後編)

セカンドステージへの意気込みを語った豊田陽平。第3節湘南戦でも2得点をあげた

前編はこちら>

 7月3日、佐賀県鳥栖市。むしむしと暑く、熱気が肌にまとわりつくような陽気だった。お昼どきで日が差しているのにもかかわらず、急に雨が降ったりした。数日間、九州地方は不穏な天候が続いていた。

「牛ロースのジャポネソース」

  豊田陽平はいつもと同じランチメニューを選んだ。ランチメニューに付く、「カルパッチョか、お刺身か」も迷うことなく前者にした。品目を変えることは珍し い。店員にオーダーを終えた後、コップに入った冷たい水を一気に飲み干し、すぐにピッチャーで注ぎ足した。前の晩はセカンドステージ開幕戦をFC東京と戦 い、アディショナルタイムに逆転弾を叩き込んでいた。

「やっぱりゴールして勝つと、それまでもやもやしていたことも全部、忘れちゃいますね」

 豊田はくしゃみをひとつしてから言った。最近、しつこいアレルギーに悩まされている。ただ、表情には安堵の色が浮かんでいた。

「(ファーストステージの成績を考えると)さすがにタイトル云々を語るのは虫がよすぎると思うんで、まずは残留確定を、ですかね」