2016.03.21

「俊輔のチーム」F・マリノスから芽吹いてきた新たな戦力

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 途中出場を含めれば、今季J1全4試合に出場している富樫は語る。

「試合中にシュンさん(中村)から言われるのは、守備のことがほとんど。自分は守備が課題で、無駄にエネルギーを使ってしまい、後半に攻撃する体力が落ちてしまう」

 それでも、経験を重ねるごとに落ち着いて試合に入れるようになってきた。富樫自身が「前回(第3節vsアルビレックス新潟の先発出場)より、いい入りができた。メンタルコントロールができていたことが結果につながった」と振り返ったように、試合開始からわずか3分で、第3節に続く2戦連続となるゴールを決めた。

 雨に濡れ、滑りやすくなっているピッチを計算に入れ、「(バウンドした)ボールが伸びると思った」と富樫。DFファビオが大きく蹴ったボールを、前に出てカットしようとした相手DFと入れ替わるようにDFラインの裏に飛び出すと、狙いどおり、スリップしたボールは自分のところに抜けて来た。

 フリーで抜け出した富樫はGKと1対1。あとは冷静にシュートを流し込むだけだった。富樫は言う。

「点を取ること以外であまりチームの力になれていない。今はそれを一番にやっていくしかない」

 こうして抜擢された若い選手が結果を残し、自信をつけていく。F・マリノスには、喜ばしい好循環である。