2016.03.08

レッズ撃破のジュビロ「たまに勝って喜ぶチームになりたくない」

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 実際、磐田の先制点は狙いどおりの守備から生まれている。自陣でボールを回す浦和をジワジワと追い込んで手詰まりにさせ、浦和のDF森脇良太がバックパスした瞬間、MF太田吉彰がこれを猛然と追う。浦和がGK西川周作とDF槙野智章でキープしようとしたボールを、太田が引っかけて奪うと、そのままガラ空きのゴールに蹴り込んだ。

 その後、一度は浦和に追いつかれたものの、最後は途中出場のFWジェイのゴールで勝ち越して2-1の勝利。名波監督は、「60分まで自分たちのやりたい守備でしのげれば、浦和はホーム開幕戦だし、焦ってバランスを崩し、ヤンチャな感じになって、つけ入る隙も出てくると思っていた」と話していたが、まさに指揮官の思惑に沿って進んだ試合となった。

 それにしても、磐田はよく我慢した。

 自分からは不用意に動かず、相手の動きを確実に捕捉し続け、隙を見せた瞬間を逃さずに襲い掛かる。そんな根気のいる仕事を、選手たちは我慢強く遂行し続けた。DF大井健太郎は言う。

「できることなら、もっと自分たちからプレスをかけ、前からボールを追って奪いたい。でも、うちと相手の成熟度を考えれば、仕方がないこと。気持ちで負けないようにやろうと思った」

 ひたすら我慢を強いられる展開の中で、一時は同点に追いつかれもした。緊張の糸がプツリと切れ、そのまま逆転を許しても不思議はなかった。実際、大井は「(こういう試合展開で)もう1点入れられて負けるというのは、サッカーではよくあること」と振り返る。