2016.03.07

悪くても勝つ。鹿島アントラーズは「3強」を脅かす存在か

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Shingo Ito/AFLO SPORT

 試合後のヒーローインビューでFW金崎夢生が発した第一声は、この試合を端的に言い表していた。

「勝ったけど、内容はよくなかった」

 J1ファーストステージ第2節。ホームにサガン鳥栖を迎えた鹿島アントラーズは、金崎のヘディングシュートから生まれた虎の子の1点を守り切り、開幕戦に続く連勝を果たした。

 しかし、試合内容はというと、相手にボールを保持されて押し込まれる場面も多く、主導権を握ってゲームを進めることができなかった。

開幕戦のガンバ大阪、第2節のサガン鳥栖と、2連勝を飾った鹿島アントラーズ 特に後半の鹿島は、ほとんど前線にボールが収まらず、まったくと言っていいほど、攻め手を失っていた。60分には個人での打開力を持つMFカイオを前線に投入したが、事態を好転させるには至らなかった。鹿島の石井正忠監督は言う。

「前半、立ち上がりから守備で相手の攻撃を抑えられず、途中ある程度修正できて落ち着いたが、後半、また押し込まれてしまった」

 むしろ納得の表情だったのは、負けた鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督のほうだった。

「戦術的にも、技術的にも、フィジカル的にも、選手たちは非常にいいプレーをした。勝ち点なしでここを去るのは残念だ」

 イタリア人指揮官はそう言い、うっすらと笑みさえ浮かべていた。