2015.03.18

豊田陽平「アジア杯の代表に一丸となって戦う手応えはなかった」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by AAP Images/AFLO

 交代出場した試合では、明らかに周囲との連係が悪かった。動き出しても、ボールが出てこない。豊田の長所は一瞬でマークを外し、クロスや裏へのパスを呼び込むところにあるが、日本代表は頑としてショートパスで攻め続けた。彼は悔しさをその場で噛み潰すしかなかった。チームプレイヤーとしては、献身的に集団のために尽くすのが本分と弁(わきま)えているからだ。

「今の日本代表は、みんなが圭佑(本田)にボールを集めるというチームです。圭佑もそれを要求するし、たしかにあいつは本当に上手いんですよ。圭佑としては、”つないで攻めたい”という気持ちはあったんでしょう。(1-1で迎えたUAE戦の終盤も)わざわざショートコーナーにするくらいでしたからね。アジアレベルならそのやり方で勝たないといけないし、勝てるはず、負けるはずはない、という彼なりの自信があったんだと思います」

 豊田は一度言葉を切ってから、こう継いだ。

「でも、そうだとすると僕は”どうやったらこのチームで生きるのか”というのを悩んでしまった。自分が中心選手ではない中、それは我慢するしかないんですけどね。例えば東アジア選手権のときは、”選手全員が優勝に向かい、一丸となって戦った”という手応えが残りました。それが今回は感じられなかった。UAEを相手に、最後まで意地を張ったようなプレイを続けて負けてしまったわけで……。その点は、ブラジルW杯の代表と同じでしたね」