2015.03.11

東日本大震災から4年。「東北人魂」小笠原満男の想い

  • 佐野美樹●取材・文・撮影 text&photo by Sano Miki

 目の前にぽつんと立つ、かまぼこ屋だった廃墟を眺めながら、鹿島アントラーズの小笠原満男はつぶやいた。

「この辺りも、あの建物の2階くらいまで水が来たんだね……」

被災地での支援活動を続ける小笠原満男。年始には宮城県名取市を訪れた 2015年の年始も、小笠原の姿は東日本大震災の被災地にあった。東北出身のJリーガー達が、東北地方のサッカー復興の為に震災後に発足させた団体『東北人魂』()の活動も、今春で5年目に入った。

※鹿島の小笠原満男、柴崎岳、遠藤康、ガンバ大阪の今野泰幸ら、東北六県出身の現役Jリーガー有志が設立した団体。東北地方のサッカー発展のため、東北サッカー協会及び東北各県のサッカー協会の活動へ寄与することを目的とし、各選手の所属クラブ、日本サッカー協会及びJリーグと連携しながら活動している。主な活動内容は、被災地の子どもたちのJリーグ公式戦への招待、東北地方でのサッカーイベントや大会の開催、チャリティーオークションの開催など。

 被災地のみならず、東北各地でサッカーを通して子どもたちと触れ合う活動を続けている彼らは、活動の合間に必ず行なうことがある。

 それは、震災で被害を受けた地域に直接足を運ぶことだ。この日、彼らが視察に訪れた場所は、宮城県名取市にある閖上(ゆりあげ)地区。ここは鹿島の遠藤康(仙台市出身)の夫人の実家があった場所でもある。

 選手たちを乗せたバスが閖上地区にさしかかり、窓の外に色を失った土地が現れると、少しだけ空気が張りつめる。