2015.03.07

今季も混戦?福田正博が2015年J1の上位争いを予想する

  • photo by Ito Shingo/AFLO SPORT

今季から2ステージ制に舵を切ったJ1。3月7日に開幕する今シーズンの展望を福田正博氏が語った。

今シーズンから2ステージ制となるJ1。18チームが頂点を目指して戦う ファーストステージ、セカンドステージのどちらかを制する力があるクラブとなると、やはりまずは昨年3冠を達成したガンバ大阪の名前をあげたい。そして浦和レッズ、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレが優勝争いをリードしていくのではないか。FC東京、名古屋グランパスもこの上位争いに加わってくるだろう。

 ガンバ大阪は、FW宇佐美貴史がチームを引っ張っていくぐらいの気持ちで輝きを放ってほしい。宇佐美のほかに、MF阿部浩之ら20代の若手が多く、伸びしろはまだまだある。ベテランのMF遠藤保仁、今野泰幸らの存在も大きい。

 浦和は前回も話したとおり、ペトロビッチ体制4年目となり、なんとしてもタイトルがほしいシーズン。安定した強さを見せつけてほしい。鹿島は日本代表のMF柴崎岳、DF昌子源ら、若い世代がどこまで成長していくかに注目したい。

 就任4年目になる川崎の風間八宏監督にとって、今年はタイトルを獲得したいシーズンのはずだ。MF中村憲剛、FW大久保嘉人らベテラン勢も、今年こそと意気込んでいる。ACLがないためスケジュール的にもそれほどタイトではないので、コンディション調整でACL出場クラブより優位といえる。

 FC東京は各ポジションにメンバーがそろっている。何よりも、FW前田遼一が加入したことで攻撃の軸ができた。前田はコンスタントに仕事ができる選手で、好不調の波が少なく、安定したオールラウンドプレーヤー。昨年ブレイクしたFW武藤嘉紀は前田が入ったことでさらにゴールを決められるのではないか。