2015.03.06

福田正博が危惧する「今季の浦和レッズ唯一の弱点」とは?

  • photo by Yamazoe Toshio

種をまき、水と肥料を与え続けた3年間。ペトロビッチ体制になってからいまだタイトルがない浦和が、花を咲かせられるかどうかの重要な1年になる今季。ミスターレッズ福田正博氏が勝負のシーズンを迎えた浦和を分析する。

■今季こそタイトル奪還を

 就任から4年目となるペトロビッチ監督のサッカーで結果を残すこと。浦和にとって、今年はそれが絶対に必要なシーズンだ。Jリーグで、そしてACLで優勝すれば、それは非常に大きな成果となる。

タイトル獲得を目指し勝負のシーズンとなる浦和 ペトロビッチ監督就任後の3年間で、浦和は安定した成績を残して常に上位にいる。その体制を継続してきている今年、大きな花を咲かせることができるかどうか。まず何よりも、国内でタイトルを取ってほしい。

 2007年に浦和がACLを制覇したときに在籍していたFWワシントン(元ブラジル代表)のような強烈な選手は、今のチームにいない。ペトロビッチサッカーは、誰かひとりに頼るスタイルではないからだ。そうしたスタイルのサッカーは、ひとつのやり方としてあっていい。

 ペトロビッチ監督が就任した当初、私自身はそのスタイルが浦和に適しているのか、少し疑問に思うところがあった。だが次第に、パターンをしっかりと決めてそれを緻密に実行するスタイルは日本人に合っていると考えるようになった。それを継続してやっていくことに、私は賛成だ。それに、指揮官をコロコロ変えるのはあまりよくない。それはクラブだけではなく、日本代表も同じで、同じ監督が8年ぐらいやってもいいのではないかと思っている。