2013.09.26

「日本のシャビ」田口泰士(名古屋)の可能性

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中西祐介/アフロスポーツ●写真

各年代で代表を経験してきたMF田口泰士(名古屋)連載・ブラジルW杯を狙う刺客たち(7)~田口泰士(名古屋グランパス)

 名古屋グランパスの田口泰士(22歳)がブラジルW杯の舞台に立つ可能性。それを現時点で論じるのは、非現実的なことかもしれない。遠藤保仁、長谷部誠という盤石の二人を脅かし、すでに代表の常連の細貝萌、高橋秀人、さらに東アジア杯に招集された山口蛍、青山敏弘、扇原貴宏、柴崎岳(体調不良のため辞退)らと比べれば、経歴としては引き離されている感は否めないだろう。

 そもそも田口は今季、Jリーグにおいて第16節から5試合連続でベンチスタート、スタメンの座を失っている。

 しかし、彼が右ボランチとして発するセンスの香りは芳醇だ。ダイレクトパスのリズム、スペースに入っていくランニング、相手の動きを読んだインターセプト。一流のボランチに求められるそうした基本的動きを、彼はすでに身につけている。

「タイシの選手としてのキャラクターをひと言で説明するなら? そうだな、INTELIGENCIAだろう」

 名古屋に所属するコロンビア代表MFダニウソンは品の良い笑顔を浮かべて説明している。Jリーグで最も馬力を感じさせる左ボランチは、中盤の相棒の特徴をINTELIGENCIA=知性、賢さと表現した。

「タイシはいつパスを出すべきか、いつ自分が動くべきか、そのタイミングを良く心得ている。プレイの判断力に優れているんだよ。だからこそ巧みにパスが出せるし、ボール奪取もできるのさ。もっと攻撃的に、とか、もっと守備的に、とかではなく、今のままプレイを続けて経験を重ねることが必要だろう。そうすれば代表選手にもなるはずだよ。問題は、いつなるか、という部分だけさ」

 ダニウソンは饒舌にその長所を挙げ、才能の非凡さを語った。

そして名古屋の指揮官であるドラガン・ストイコビッチも、田口に対しては最大級の賛辞を送っている。

「タイシはまるで日本のシャビのようだ」