2012.10.28

【フットサル】カズ、初ゴール! 新たな「キング」伝説の幕開け

  • 北 健一郎●文 text by Kita Kenichiro
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

フットサル日本代表で初ゴールを決めたカズ。「キング・カズ」が新たな伝説を作った。

 10月27日、北海道・旭川大雪アリーナで行なわれた、フットサル日本代表のW杯本番前のラストマッチ。ウクライナ相手に2-1とリードして迎えた前半14分、カズこと三浦知良が、味方選手のシュートのこぼれ球に反応すると、スライディングでゴールに押し込んだ。カズのフットサル初ゴールを含む3ゴールを決めた日本は、3-1で強豪ウクライナに勝利して本大会に向けて弾みをつけた。

「素直にうれしいです。自分自身も『やっと”フットサルファミリー”に入れたんだな』という感動がありました。(W杯開催地の)タイに行く前に、自分がゴールを決めることでチームがひとつになれたらいいなと思っていましたし、そういう点でも良かったです」

 3日前のブラジル戦でフットサル日本代表デビューを果たし、わずか2試合目での初ゴールに、カズも笑顔を見せた。

 カズはこれまで、サッカーの日本代表でも「ここで決めてほしい」という場面で、常に期待に応え続けてきた。「持ってるな、やっぱり持ってるなと思いました」と、チームメイトの北原亘はカズの”ゴールを引き寄せる力”に脱帽した。

 とはいえ、このゴールはカズが「持っている」から決まったわけではない。フットサル選手として、得点を決めるためにやるべきことを、しっかりと遂行したことによって生まれたものだ。