2022.06.21

明神智和が語る日本サッカーの進歩。「異常」な状態にあった20年前から世界のスタンダードに到達した

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
明神智和インタビュー(3)

(1)はこちら>>  (2)はこちら>>

 日韓共催の2002年ワールドカップから、はや20年が経過した。

「そりゃ、歳とるよなあと思って」

 そう言って笑う明神智和は、当時24歳。最後のトルコ戦を含めて3試合に先発フル出場した気鋭のMFも、今年1月で44歳となった。

日韓W杯で日本代表の初勝利、初のグループリーグ突破へ大いに貢献した明神智和日韓W杯で日本代表の初勝利、初のグループリーグ突破へ大いに貢献した明神智和 この記事に関連する写真を見る  20年前のトルコ戦で着用したユニフォームは、その後、当時の所属クラブである柏レイソルに寄贈され、「日立台(ホームスタジアム)の入り口のところに飾ってもらっていました」。そして、自身が「最も印象深い」というロシア戦で着用したものは、「たぶん、実家にあると思うんですけど......」とのことだが、20年も前のことゆえ定かではない。

 現在、ガンバ大阪のユースチームでコーチを務めている明神にとっては、教え子たちが高校生であることもまた、時代の変化を否応なく実感させる。

「彼らは(2002年には)まだ生まれていないですからね。あっという間に20年経ったなって思います」

 20年という歳月は、日本のサッカー事情も大きく様変わりさせた。

 2002年ワールドカップ当時の日本代表メンバーを見ると、全23人中、海外組はわずかに4人。だが、その勢力は徐々に拡大し、現在では、海外組と国内組の比率が完全に逆転するまでになった。

「そこが、日本のサッカーの一番進歩したところだと思います。当時はまだ、海外でプレーする選手が数人。でも今は、国内でプレーしている選手が代表に入るほうが少ないですからね。代表選手一人ひとりが日常的にヨーロッパのレベルでプレーしていて、それ以外にもたくさんの選手がヨーロッパにいる。これこそが確実に日本が成長している証拠だと思います」