2022.06.20

明神智和が20年前の日本代表の準備の甘さを吐露。「トルコ戦に向けて死に物狂いだったかというと、ノーだと思う」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
明神智和インタビュー(2)

(1)はこちら>>

明神智和はトルコ戦でも体を投げ出して懸命にプレーしたが...明神智和はトルコ戦でも体を投げ出して懸命にプレーしたが... この記事に関連する写真を見る 「試合が終わった直後は、ただただ悔しいしかなかったです。茫然と『ああ、ワールドカップが終わってしまったんだな』と」

 2002年ワールドカップ日韓大会。決勝トーナメント1回戦でトルコに敗れ、失意に沈んだ明神智和だったが、本当の意味での現実を突きつけられたのは、その日の夜のことだった。

「負けて、終わって、宿舎に帰って韓国の結果(決勝トーナメント1回戦でイタリアに勝利)を聞いたりした時にこう......、自分たちは本当に力を出しきれたのかな、と。もちろん、相手の試合の進め方のうまさ、こっちのよさを出させないうまさはあったと思います。でもなんか......、うーん......、もったいなかったなって」

 トルコ戦後、チームは仙台のホテルに泊まったと、明神は記憶している。

「ホテルに帰って、食事会場だったのか、ホテルのバーだったのか、選手みんなで一杯飲みながら話そうか、みたいな感じになって集まったんですけど、みんな元気がなかった。まだ現実を受け入れられていないし、韓国が勝ったっていう話も聞いて......、もっとできたよなとか、そういう感情はものすごくありました」

 当時を振り返ると、大会前の準備期間も含めたおよそ1カ月、明神には充実した日々を過ごした記憶が残っている。ベースキャンプの拠点であり、大会中の多くの時間を過ごした静岡のホテルには、いい思い出しかない。

「(宿泊していた)葛城北の丸の静かな環境でキャンプを張ることができたので、それが僕たち選手にとっては、ものすごくありがたかった。外とは完全にシャットアウトされますし、だからこそ、試合の緊張感からうまく離れられたところがありました」

 地元の体育館で行なわれるメディア対応の時だけ、車で"下界"に下りていく。そんな時、同行する広報担当者に頼んでこっそりコンビニ寄ってもらうのも、密かな楽しみになっていた。

「日々、そういう環境を楽しんでいましたね(笑)」