2022.06.05

【日韓W杯から20年】2002年のワールドカップでベスト11人&期待外れだった11人を選出。豪華に見えるのはどちらか

  • 中山 淳●text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」

日本を熱狂の渦に巻き込んだ、サッカーの2002年日韓W杯から20年が経った。この特集では、当時のサッカー界の模様を様々な角度から振り返っていく。
デビッド・ベッカム(イングランド)やイルハン・マンスズ(トルコ)ら、サッカー界を飛び越えて注目を浴びた選手がいた日韓W杯。ほかにもたくさんのスター選手が集ったが、その多くが思うような結果を出せなかった大会でもあった。ここでは、大会で活躍したベスト11人と期待外れの11人を挙げ、20年前の記憶を呼び戻す。

◆ ◆ ◆

2002年日韓W杯得点王のロナウド(左)とケガで活躍できなかったジダン(右)2002年日韓W杯得点王のロナウド(左)とケガで活躍できなかったジダン(右) この記事に関連する写真を見る

カーンが最優秀GK&MVP

 史上初めてアジアで開催された2002年日韓W杯は、いい意味でも悪い意味でもサプライズの多い大会だった。

 まず、優勝候補と目されていた1998年自国でのW杯優勝のフランスを筆頭に、当時南米最強と評されていたアルゼンチン、さらにはペレが優勝候補に挙げていたポルトガルが、揃ってグループリーグ敗退。

 決勝トーナメントに勝ち残ったなかで過去にW杯優勝経験のあるチームは、ブラジル、ドイツ、イタリア、イングランドの4チームのみで、そのイタリアもラウンド16で韓国に敗れ去っている。

 逆に予想外の健闘を見せたのが、開催国の韓国をはじめ、トルコ、セネガル、アメリカといった新興国だった。そのうち韓国とトルコが準決勝まで勝ち進んだことが、2002年大会最大のサプライズ。

 とりわけ、主審のジャッジが物議を醸したとはいえ、3位決定戦でトルコに敗れた韓国が4位になるとは、大会前には誰も予想できない展開だった。

 結局、W杯史上初めて実現したブラジル対ドイツの対戦となった決勝は、ブラジルがロナウドの2ゴールにより通算5度目の世界制覇を達成。両チームとも下馬評では優勝候補にも挙がっていなかっただけに、最後までサプライズ続きの大会という印象が残った。

 そんな波乱続きの日韓W杯の大会ベスト11を選出してみたい。

2002年日韓W杯で活躍が目立った11人2002年日韓W杯で活躍が目立った11人 この記事に関連する写真を見る  ベストGKは、ドイツの守護神オリバー・カーンで異論はないだろう。トルコのリュストゥ・レチベルも捨てがたいが、カーンは準決勝までの6試合でわずか1失点。

 抜群の存在感でドイツの堅守を支え、ゴールデンボール(大会MVP)とレフ・ヤシン賞(最優秀GK賞)をダブル受賞すると、その野性的な魅力もあいまって、日本国内でカーン・ブームが巻き起こったほどの知名度と人気を博した。